3x3.EXE PREMIER 2020
SEASON FORMAT

           

世界に先駆けて誕生した、3人制バスケットボール「3x3」のプロリーグ「3x3.EXE PREMIER」は5か国1地域でグローバルに展開。

           

●5か国1地域17カンファレンス102チームのグローバルリーグ
●男子90チームは8ラウンド、女子12チームは4ラウンドを戦い、各ラウンドの成績に応じたプレミアポイントを付与
●全ラウンド終了時点で、各カンファレンス内においてプレミアポイントに応じた順位を決定


●男子は各カンファレンスの上位2チーム(全30チーム)と、ワイルドカード2チームを加えた合計32チームがプレーオフ出場権を獲得


●女子は各カンファレンスの上位3チーム(全6チーム)がプレーオフ出場権を獲得


●プレーオフはトーナメント形式によって2020のシーズンチャンピオンを決定

Regular Round

           

カンファレンス毎に、3チーム×2リーグに分かれてのレギュラーラウンド予選と、各リーグ上位2チームずつ計4チームでのレギュラーラウンド決勝を1日で開催。
※レギュラーラウンド予選のリーグ戦組み合わせは、リーグの責任抽選で行う。

           

●3x3.EXE PREMIER 2020の各ラウンドにおける順位決定方法は下記に準ずる。
①勝利数が多いチームが上位とする。
②上記の項目も同数の場合、平均得点が高いチームを上位とする。
③上記の項目も同数の場合、ロスター3名(FIBAポイントの高い順)のFIBAポイント合計値を比較し、高いチームを上位とする。

      

●カンファレンス順位決定方法(PREMIER STANDINGS)
各ラウンドで成績に応じたプレミアポイントが付与され、プレミアポイントの多いチームがカンファレンス順位の上位となる。プレミアポイントが並んだ場合の順位決定方法は以下のとおり決定される。
①勝利数が多いチームが上位とする。
②上記の項目も同数の場合、平均得点数が高いチームを上位とする。
③上記の項目も同数の場合、平均失点数が低いチームを上位とする
④上記の項目も同数の場合、抽選を行い、順位を決定する。

PLAYOFFS

           

レギュラーラウンド終了後に、各カンファレンス内のプレミアポイントにより出場チーム及び、組み合わせを決定。

男子は各カンファレンスの上位2チーム(全30チーム)と、ワイルドカード2チームを加えた合計32チームがプレーオフ出場権を獲得
●ワイルドカードは日本7カンファレンスから1枠、海外8カンファレンスから1枠として、カンファレンス順位決定方法により3位チームの中から上位チームを対象とする
●女子は各カンファレンスの上位3チーム(全6チーム)がプレーオフ出場権を獲得
●男女ともにトーナメント形式により2020シーズンのチャンピンを決定する。

 

シーズン中ロスター変更

           

3x3.EXE PREMIERでは多様な選手にプレーする機会を提供することを目的として、 シーズン中にロスター変更が可能な制度を導入しています。リーグが定めるロスター変更期間内にチームは、 6名のうち最大2名まで選手を入れ替えることが可能です。2020シーズンは、Round.5終了後に男子のみ実施します。

●PREMIERプレイヤーリストエントリー再開(5月18日)
●PREMIERプレイヤーリストエントリー締切(6月22日)              

 

TR制度

           

●TRプレーヤー(Temporary Registered Player)
3x3.EXE PREMIERでは多様な選手にプレーする機会を提供することを目的として、マルチな活動を行う選手が多く所属するリーグ構造のために整備された制度です。チームの大会プレイヤーエントリー数が 何らかの事情で規定数を下回った場合に、チームは「PREMIER TRプレーヤーリスト」からプレイヤーを一時召集することができます。尚、プレーオフでは本制度を使用することはできません。