WHAT’S 3x3

HISTORY

"3x3"の誕生

「3x3(スリー・エックス・スリー)」は、3人制バスケットボールのことで、以前よりストリートを中心に世界各地で自由なローカル ルールのもと行われてきたスポーツです。若者を中心に人気や注目度が高まっていたことから、2007年Youth Olympic Games で競技採⽤が決定したことをきっかけに、国際バスケットボール連盟(以下FIBA)が世界統一の競技ルールを設け、競技として の「3x3」が誕生しました。

その後、2010年シンガポールで開催されたYouth Olympic Gamesでは「町で最もホットなチケット」と評価され成功を納め、以降 「3x3」の持つ「都会的で若々しくポジティブ」なイメージが、バスケットボールという競技をよりグローバルなスポーツへと進化さ せると、FIBAも「3x3」を発展させるべくより力を入れていきました。

2011年に国別代表戦「FIBA 3x3 Champion Ship(のちのWorld Cup)」、翌2012年にはクラブチーム世界選手権「FIBA 3x3 World Tour」がそれぞれ初めて開催される等、以降世界各地で盛り上がりを見せ、2017年IOC総会にて「東京オリンピック・パラリン ピック2020」における正式種目化が決定。2010年FIBA国際会議においてオリンピック正式種目を目指すと表明してからわずか7 年後のことでした。 一方、呼び名においても国や地域によって様々で、「スリー・バイ・スリー」や「スリー・オン・スリー」、また日本においては「サ ン・タイ・サン」等と呼ばれていましたが、「東京オリンピック・パラリンピック2020」の正式種目化が決定したことをきっかけに、日 本バスケットボール協会(JBA)よりFIBAへの確認を経て、日本においては「スリー・エックス・スリー」が正式名称となり、現在で は世界においてもこの呼び方が浸透しています。

“3x3”の魅力

◤「整備されたインフラ」を活用する都市型スポーツ 5人制バスケットボールの半分というコンパクトなスペースで開催ができ、また他のスポーツでは考えられないような象徴的なラ ンドマークや歴史的建造物、商業施設、駅前等、都市を象徴するランドマークを舞台に“整備されたインフラ”を活用し開催する ことができる都市型スポーツです。ハイトラフィックな場所にコートを設置することで多様な人々を魅了します。

◤目が離せない攻守のせめぎ合いと迫力満点のスーパープレー 一試合10分間という試合時間の短さや21点先取、また12秒以内に攻撃しなくてはいけないなどの3x3独自のルールがあること から、攻守の切り替えの早さやスピーディーな試合展開が特徴です。 また、コートがコンパクトなため、ノールックパスやダンクシュート、相手の意表を突く迫力満点のプレーを間近で観戦することが できます。これは決して他の競技では味わうことのできない体験です。

◤「スポーツエンターテインメント」という新たなカタチ 試合会場では、MCが3x3のルールや選手紹介、また繰り広げられるプレーを分かりやすく解説してくれるため、初めて観戦する 方でも楽しめます。試合中はDJが試合の展開や会場の雰囲気に合わせた音楽をかけ音で試合を盛り上げ、試合の合間にはチ アのダンスパフォーマンスをはじめ様々なエンターテインメントが披露され、会場の一体感を生み出します。まさに“SPORTS” “MUSIC” “DANCE”の融合が生み出す、新たなスポーツエンターテインメントとして楽しむことができます。

「3x3」は、「ストリートで昔からプレーされている基盤」、「プレーする場所を選ばない競技性」、「音楽・ダンスなどのカルチャー との親和性」や「最小3人からチームを作れるシンプルさ」等、今までのスポーツにはなかったさまざまな魅力があり、誕生から わずか10数年で、世界競技人口42万人以上、国際大会には180以上の国と地域が参加するスポーツに発展しました。また、 2021年に開催された「東京オリンピック2020」では初の正式種目となり、2024年パリオリンピックでも引き続き種目採用が決定し ている等、今後もさらなる盛り上がりが期待される競技です。