“半農半バスケ”で、アスリートの新天地を切り拓く。 南条 一輝/SANJO BEATERS.EXE

2020.03.25
569

南条 一輝

2019年、新潟県三条市 下田地域に一つのバスケットボールチームが誕生した。「SANJO BEATERS(三条ビーターズ)」。スポーツまちづくりを目指して誕生したこのチームには、「地域おこし協力隊」として農業とバスケットを両立する選手がいる。そのひとり、キャプテンの南条一輝は新天地を求めて三条市に移住し、“半農半バスケ”に情熱を傾ける。農業、スポーツ、地域、キャリア――それぞれの因子が絡み合い化学変化を促し、アスリートの新しい人生を動かしている。

「地域おこし協力隊」制度とは
総務省が、主に3大都市圏、政令指定市から過疎地などへの移住、定着を促すために2009年度に創設した制度。地方自治体が募集を行い、地域おこしや地域の暮らしなどに興味のある都市部の住民を受け入れて地域おこし協力隊員として委嘱する。隊員の活動期間はおおむね1年以上3年以下。

まずは、学生時代のバスケット経験について教えてください。

バスケは小学校3年生のときに友達の誘いで始めました。最初に入ったのが全国大会常連のミニバスの強豪チームだったので、周りのレベルに追いつくのが大変でしたが、そこからは大学までバスケ漬けの毎日。高校では副キャプテンとしてインターハイに出場したり、日体大ではAチームには入れなかったもののBチームのキャプテンとして100人以上の後輩をまとめたりと、紆余曲折ありながらも楽しくバスケを続けてきました。

大学卒業後はどういった道に進まれたのでしょうか。

卒業後は横浜にある社会福祉法人に就職しました。一年ほど勤めていたんですが、ふとあるとき、それまで続けてきたバスケをやりきれていない気がしたんです。そこで「本気でプロを目指してみよう」と一念発起し、勤め先を退職。アルバイトをしながらクラブチームで本格的に競技活動を始めました。その後、2018年に3x3の「RIZE.EXE」からオファーをもらい、3人制バスケでプロ一年目のキャリアをスタートしました。

3x3でプレーしてみた感想はいかがですか?

オファー時に初めて3x3の話を聞いたとき、Bリーグ以外にも「日本でこんなバスケとの関わり方があるのか」と驚きと興奮を覚え、すぐにでもやりたいという気持ちになりました。実際にプレーすると5人制と違う部分がたくさんあり、プレースタイルも変化しました。5人制のときはポイントガードというポジションで得点は多くなかったんですが、“全員攻撃・全員守備”の3人制ではシュート機会が格段に増え、今ではレイアップシュートが自分の武器になるほど。選手としてプレーの幅が広がり、自信にもつながっています。

現在の「SANJO BEATERS.EXE」加入の経緯を教えてください。

2019年から新潟県三条市に「SANJO BEATERS(三条ビーターズ)」としてチームが発足することになり、声をかけていただきました。オファー内容は少し変わっていて、それは選手契約と同時に、三条市下田で「地域おこし協力隊」に着任するというもの。ちょうどプロ一年目を終えて今後のキャリアに悩んでいた時期だったこともあり、その話を聞いてなにか新しいことができる予感に胸が高鳴りました。その場で「行きます」と即決し、キャプテンとしてチームに加入することに。ちなみに今の奥さんと一緒に神奈川から三条へ移住し、こっちで結婚をして新生活を始めました。

それはすごい決断ですね。地域おこし協力隊としては、どういった活動をされているのでしょうか。

活動内容は、田植えや稲刈りといった農作業をしたり、地元のイベントで屋台出店の手伝いをしたりとさまざま。練習と並行して行うので、「午前中は米づくり、午後はバスケ」が普通の日常です。僕はイベントの企画・運営を担当しているので、地域交流のイベントを企画して市役所の担当者と打ち合わせをしたりと、農業をはじめとして地域活性化に繋がるさまざまな活動を行っています。

下田に移住し、協力隊の活動を通じて感じることは?

新潟には縁もゆかりもなかったんですが、地域の方々との関わりを通じてあらためて下田の良さがわかりました。正直最初はバスケにあまり感心を持たれていなくて、公開練習試合でも客席はガラガラ。でも協力隊での活動や地域イベントでの露出で徐々に認知されるようになって、客足も増えていった。ある日スーパーで買い物しているときに、「南条選手ですよね、頑張ってください」と声をかけてもらえたときは嬉しかったですね。地道に活動してきたことが報われた気がしました。チーム発足時はバスケで盛り上げることばかり考えていたけど、今は地域に根差して「下田のために何ができるだろう」と考えられるようになりました。

続きを読む

南条 一輝(なんじょう かずき)

1993年3月1日生まれ、和歌山県出身。和歌山北高、日体大を経て2018年、「RIZE.EXE」に加入し3x3.EXE PREMIERでプロキャリアをスタート。2019年4月、新潟県初の3x3バスケットボールチーム「SANJO BEATERS.EXE」発足メンバーとして加入し、キャプテンに就任。同時に三条市の「地域おこし協力隊」に着任、農業を中心としたNPO活動にも力を注ぐ。175cm、74kg。

本記事は「We are 3x3」サイトに掲載されております。
https://doda.jp/sportlight/3x3/

“We are 3x3”は、新時代の生き方を体現する3x3プレイヤーを通じ、
“スポーツ”と“はたらく”の可能性を社会に広げていくためのプロジェクトです。

RECOMMENDATION

FACEBOOK

INSTAGRAM