警察官 アスリートが 未開地に挑む理由。 菅原 洋介/EPIC.EXE

2020.07.21
193


外国人選手にも屈しない強靭なフィジカルやハードワークを武器に、bjリーグ2008-09シーズン優勝、3x3.EXE PREMIER 2015シーズン優勝など、数々の実績を残してきた。そんな菅原が引退後にセカンドキャリアとして選んだのは、「警察官」という道。二度にわたる海外挑戦、業界初の警察官への転身。開拓者として歩み続ける彼を突き動かすものとは──。

-プロとして10年以上のキャリアを持つ菅原選手。まずはバスケットボールをはじめたきっかけを教えてください。
私の地元は北海道の江別という場所なのですが、江別は元々バスケが盛んな土地。周りにはバスケをしている人がたくさんいましたし、父も母も祖母もその一人でした。家族揃って食事をする際にテレビで流れているのは、アニメでもドラマでもなくNBAなどの試合。そんな風にバスケに囲まれて育ってきたので、自然な流れではじめました。父は選手として、母はマネージャーとして今もバスケに携わっていて、ゴールデンシニアの部門で日本代表に選ばれるほど。刺激をくれる存在です。

-大学卒業後は当時主流だった実業団へは進まず、アメリカ独立リーグABAに挑戦されています。海外への想いはいつ頃からあったのでしょうか。
中学生の頃からですね。アメリカの有名選手の名が広まり、日本でも話題になっていた時代。家族と一緒にテレビで試合を見ているうちに「アメリカに行かないと上手くなれない」と思うようになりました。力をつけて道を拓かなければと思っていましたが、当時の私は決して華やかなプレーをするタイプではなかったので、周りからは「お前には無理だよ」と言われていました。それでも家族だけは「諦めなければ叶う」と応援してくれた。大学への進学も「アメリカ行きのチャンスを得るために」と両親と相談して決めたことなんです。

-2006年、2010年と二度にわたるアメリカ挑戦。日本のバスケットボールとの違いをどう感じましたか。
違いはもうすべてです(笑)。技術力、運動量、すべての基準値が高く圧倒されました。なかでも一番衝撃的だったのはファウルの鳴り方。今はもうアメリカと日本のルールはほぼ同じですが、当時の日本は接触があればすぐファウルとなり試合が中断されます。しかしアメリカは肉弾戦の要素が強く、ぶつかっても試合は続行される。これまで常識だと思っていたことが崩れ、プレーも練習もより積極的なものに変わっていきました。今でも自分の強みの一つは海外選手と対等に渡り合えることですが、現地で経験を積めたことは本当に大きかったですね。

-多くの違いを感じるなかで、どんな学びを得ましたか。
“自分を表現する力”です。日本には「謙遜は美徳」という考えがありますが、アメリカでは謙遜したら終わり。バスケの技術はもちろん、自分を売り込む営業力も欠かせない要素だと知りました。特にマイナーリーグは契約期間であっても、より良い環境でプレーできるチームがあればアピールするのが当たり前。集客力といった自分のセールスポイントや意思を伝え、高みを目指していく。私が日本で多くのチームを渡り歩いたのも、その影響です。「自分を高めたい。またアメリカで挑戦したい」という意思を尊重してくれる環境を常に探し求め、アピールし続けていました。

続きを読む

菅原 洋介(すがわら ようすけ)
1983年9月25日生まれ、北海道出身。東海大四高、早稲田大卒業後、2005年に渡米し、アメリカ独立リーグABA「サンノゼ・スカイロケッツ」でプレー。2008年にbjリーグ「琉球ゴールデンキングス」に加入し、2008-09シーズン優勝に貢献。その後、二度目のABA挑戦や、bjリーグでのプレーを経て、2016-17シーズンよりB.LEAGUE「滋賀レイクスターズ」でプレーし、2018年引退を発表。2019年、3x3.EXE PREMIER「EPIC.EXE」と正式契約。186cm、84kg。

本記事は「We are 3x3」サイトに掲載されております。
https://doda.jp/sportlight/3x3/

“We are 3x3”は、新時代の生き方を体現する3x3プレイヤーを通じ、
“スポーツ”と“はたらく”の可能性を社会に広げていくためのプロジェクトです。

RECOMMENDATION

FACEBOOK

INSTAGRAM