Countries
& Region :

03 COLUMN|3x3.EXE PREMIER

2020.05.28
2130

世界初3人制バスケグローバルリーグ『3x3.EXE PREMIER』-

◤HISTORY OF 3x3.EXE PREMIER
3x3.EXE PREMIERは、
7チームでスタートした2014年以降、毎年チーム数や開催国が拡大している世界初の3人制バスケットボールのプロリーグである。
2018年には6チームによる女子リーグ設立。世界トップレベルで戦える選手を輩出することを目標とするとともに、誰もが楽しめるスポーツ観戦のスタイル、身近なトップ選手、音楽やファッションとの融合による新しいスポーツの楽しみ方や価値を提供している。
2020年は、インドネシアとチャイニーズタイペイをリーグに迎え入れ、5か国1地域、計102チーム(17カンファレンス)にまで拡大する。
※当リーグの3x3の取り組みについての国際バスケットボール連盟(FIBA)の記事▷こちら


◤FIBAポイントに寄与
すべてのトーナメントは、国際バスケットボール連盟(以下FIBA)承認大会であり、選手は出場した成績に応じてFIBA3x3公式ランキングに直接つながる「FIBAポイント」を獲得することができる。
FIBA承認の「3x3」公式大会の中でも、FIBAが定めるEvent levelは上位のランクを有し、出場選手の個人ランキングに寄与しているプロリーグであり、現在では日本のFIBA ランキングポイントの90%以上が「3x3.EXE PREMIER」から生み出されている。
(FIBAポイントの仕組みについての詳しい解説は「06|TOURNAMENT GRADE&FIBA POINTS」参照)

街中のあらゆる場所が試合会場に
体育館ではなく、街中の整備されたインフラを活用他のスポーツでは考えられないような象徴的なランドマークや商業施設、駅前など身近な場所が会場となるため、ファンだけでなくショッピングや食事に訪れた人たち足を止めて観戦することができより気軽に身近に3x3を楽しめる空間となっている2019シーズン、3x3.EXE PREMIERでは、4か国34都市で開催された。
(3x3の会場の魅力については「02|WHAT’S 3x3参照)


◤「3x3.EXE PREMIER」の
選手属性
 
リーグが定める条件をクリアし承認された選手に参加資格が与えられる。国籍はさまざまで、2019シーズンは23か国から参戦。
また、スポーツとは縁遠い特殊な仕事をしながら競技を続ける、経営者としてビジネスを営みながら競技を続ける選手等、3x3とは別の職業を持ち、試合のある週末のみプロとして活動する
多様なライフスタイルを実現するデュアルキャリアのプレイヤーが多数いることが特徴。2019シーズンは486名の選手が所属し、Bリーガーや3x3日本代表選手等、競技を本業としているプレーヤーがいる一方、教師・銀行員・薬剤師、YouTuber等、多数の兼業プレーヤーが所属している。

▽3x3.EXE PREMIERでプレーし、“スポーツ”と“はたらく”を体現する選手を特集したプロジェクト「We are 3x3」
https://www.3x3exe.com/premier/3x3news/tags/mystory/

 

◤主な「3x3.EXE PREMIER」独自ルール
▽チームオーナー制度
年間500万円程度で運営ができるというこれまでに無いスキームのプロリーグ。
リーグによる選手報酬の支払い、大会誘致権という大会運営システムの導入により、既存プロスポーツチームの持つ運営リスクを排除することで、チームオーナーはチーム経営に特化することが可能となっている。また、チームオーナーのバックボーンは様々で、商工会議所、Bリーグ選手、スポーツ施設運営、個人、カフェ経営、エンタメ企業、不動産業などいずれもマーケティングや地域活性化などに活用されている。

ロスター枠
1チームあたりの所属プレーヤー数は6名 。各Round、6名の中から4名が出場する。

▽TR Player(Temporary Registered Player)制度
TR Playerとは一時登録選手のこと。マルチな活動を行う選手が多く所属するリーグ構造のため整備された制度で、チームの大会プレイヤーエントリー数が何らかの事情で規定数を下回った場合に、「PREMIERTRプレーヤーリスト」からプレヤーを一時召集することができる制度。

▽シーズン途中入れ替え制度
リーグが定めるシーズン途中のタイミングでロスターを最大2名まで入れ替えができる制度。 

RECOMMENDATION

FACEBOOK

INSTAGRAM