Countries
& Region :

足が止まる日まで、“今”を楽しみ続けたい。近内 瞳/SHOEHURRY.EXE

2021.01.19
223


「人を倒してやろうとは思わないんですが、自分にだけは負けたくないんです」──これまで、実業団、Wリーグ、3x3.EXE PREMIERと、さまざまなカテゴリーに自ら飛び込み、新しい挑戦を続けてきた。ときに周囲を驚かせる決断や行動から豪胆無比な印象を受けるが、本人は「自分に自信がないしネガティブ」と意外な自己評価だ。日々葛藤やジレンマを感じながらも、それでもなお彼女を突き動かし、輝かせるものとはなにか。これまでの歩みを振り返るように、少しずつ語ってくれた。

-高校卒業後にWリーグ(バスケットボール女子日本リーグ)でバスケットキャリアをスタートされた近内選手ですが、その経緯について教えてください。
高校3年のときに初めてインターハイとウインターカップに出場できたんですが、それがきっかけで地元チームの「日立ハイテク クーガーズ」から声をかけていただき、卒業後に入団しました。ただ、Wリーグではなかなか試合に出られなくて、3年目で戦力外通告を受けました。それでもチームに貢献したいという思いから、半年間はマネージャーとしてチームをサポートしていたんですが、ふと練習を見ながら、「体が動くのに、自分は何をしているんだろう」と思ったんです。やっぱりプレーがしたいという気持ちからチームを退団させていただくことになり、次年度から大阪の大学に進学することになりました。

-一度社会人になってから、なぜ大学へ?
ひとつはバスケのため、もうひとつは興味のあった養教(養護教諭)の勉強をするため。せっかく違うことをするなら自分がやりたいことをやりたいなと思って、バスケをしながら保育士と幼稚園教諭の資格をとろうと思い、進学しました。もともと入学したのは短大で、卒業後は地元に戻って保育士か幼稚園の先生になろうかなとぼんやり考えていたんですが、卒業前にバスケ部の先生から「もう2年やってみないか」とお誘いを受け、4年制の大学に編入してバスケを続けることになりました。そこで自分を評価いただいたおかげで本気でバスケを続けられたので、今振り返っても大きなターニングポイントだったと思います。

-大学卒業後は、どういった道へ?
卒業後は静岡・沼津にある製造業の会社に入り、実業団チームでプレーをしていました。ただその会社はそこまで本気でバスケに取り組んでいるわけではなく、どちらかというと仕事がメインで、日中は総務の仕事をしながら細々とバスケを続けていました。実業団でプレーして2年ほど経った頃には熱が冷めてきて、「もうバスケットを辞めようかな」と思っていたんです。そんなときに、Wリーグの「山梨クィーンビーズ(以下、山梨QB)」がチームを再編するという話があり、誘いを受けて今のチームに入団することになりました。

続きを読む

近内 瞳(こんない ひとみ)
1986年7月27日生まれ、茨城県出身。土浦日大高校卒業後、Wリーグ「日立ハイテク クーガーズ」に入団。2008年にチームを退団し、大阪人間科学大学に進学。卒業後は実業団でのプレーを経て、2014年にWリーグ「山梨クィーンビーズ」に入団。2020年には3x3.EXE PREMIER「SHOEHURRY.EXE」に加入。現在は病院の医療事務として勤務しながら、Wリーグ、3x3.EXE PREMIERでプレーを続ける。170cm、63kg。

本記事は「We are 3x3」サイトに掲載されております。
https://doda.jp/sportlight/3x3/

“We are 3x3”は、新時代の生き方を体現する3x3プレイヤーを通じ、
“スポーツ”と“はたらく”の可能性を社会に広げていくためのプロジェクトです。

RECOMMENDATION

FACEBOOK

INSTAGRAM