Countries
& Region :

スポーツの世界で生きるための転職。濱尾 宗総/HOKKAIDO ASIR DIVERGENT.EXE

2020.10.06
870


「社会人」と「アスリート」の二足のわらじを履く者にとって、仕事と競技活動をどう両立させるかは、大きなテーマだ。濱尾 宗総は、「競技のための転職」という選択によって、新たなキャリアを歩み始めた社会人アスリートの一人だ。一時はバスケットの第一線から退いた男は、3x3に活路を見出し、プロへの門を叩いた。“社会人5年目のアスリート”は今、大きな夢を目標に変えようとしている。

-まずは、濱尾選手が3x3でのプレーを始められたきっかけについて教えてください。
中学、高校とずっと部活でバスケを続けてきて、高校卒業後は地元企業に就職し、仕事をしながら5人制バスケのクラブチームで3年間プレーしていました。でも正直、高校時代で燃え尽きた部分もあって、卒業後は趣味の延長のような感覚でバスケを続けていました。そんなときに、ある先輩から「3x3をやってみないか」と誘いを受けたことがきっかけで、2019年にHOKKAIDO ASIR DIVERGENT.EXEに加入することになりました。当時、目標がない状態でバスケを続けていたので、新しいことを始められることにワクワクしましたね。

-その後、3x3のために転職されたと伺いましたが、本当ですか?
はい。もともとは、新卒で入社したエネルギー設備の会社で、ボイラーの設備保守の仕事をしていました。大手のグループ会社で就業環境には恵まれていましたが、土日が休みではなかったので、バスケとの両立は難しい環境でした。休みはとりやすい会社だったので、土日に試合がある日は有休を使ったりしていましたが、有休の日数も限界があるので(笑)、思い切って土日休みの会社に転職しようと。仕事や会社には何の不満もなかったんですが、3x3を始めて1年経ったタイミングで、よりバスケに専念するために転職を決めました。

-バスケットのために働き方を変えられたんですね。今はどんな仕事を?
今は、エネルギー関連の会社で新電力の営業をしています。前職では設備の現場作業の仕事に4年ほど携わっていましたが、営業の仕事にはずっと興味を持っていました。実際にやってみると、自分で結果に責任を持つ大変さもありますが、それ以上にお客様と接して学ぶことがたくさんあり、成果がはっきり見えるのでやりがいも感じます。以前の会社を出るときは相当悩みましたが、今は転職してよかったと思っています。

続きを読む

濱尾 宗総(はまお かずふさ)
1997年5月2日生まれ、北海道出身。札幌工業高校時代にインターハイ、ウインターカップ出場を経験。卒業後は地元企業へ就職し、クラブチームでプレー。2019年、「HOKKAIDO ASIR DIVERGENT.EXE」と契約を結び、3x3.EXE PREMIERに参戦。同年、ASIA EAST CONFERENCE ROUND4でチームとして初優勝を果たし、自身は49得点を挙げMVPを獲得。現在、チームの主力として活躍中。179cm、78kg。

本記事は「We are 3x3」サイトに掲載されております。
https://doda.jp/sportlight/3x3/

“We are 3x3”は、新時代の生き方を体現する3x3プレイヤーを通じ、
“スポーツ”と“はたらく”の可能性を社会に広げていくためのプロジェクトです。

RECOMMENDATION

FACEBOOK

INSTAGRAM