Countries
& Region :

REVIEW|CG STREMING,BEHIND THE STORY -PART1-

2020.11.10
770


■第2回のカップ戦もリモートで配信|映像制作の裏側に迫る

3x3.EXE PREMIER JAPAN 2020 CUPの第2回大会が、10月25日に行われた。今大会は前回大会で準優勝を収め、今回も有力候補の一角にあげられていたTOKYO DIME.EXEが初戦で敗れる波乱。決勝は前回優勝のTOKYO CRAYON.EXEを、UTSUNOMIYA BREX.EXEが21-17で下して頂点に立った。

第2回大会も前回に続いて観客を迎え入れず、リモート配信のみによって開催。今回はCG画像と実際のプレー映像を合成するという、前例のないリモート配信の裏側に迫る。

コロナ禍にあってリーグ戦の実施を断念せざるを得ず、それでも運営者らは日本国内の3x3の動きを止めてはならないと、大会開催の道筋を探し続けた。そして6月に、トーナメント形式によるカップ戦の開催を決定。しかし現在の社会情勢で、通常のように観客を迎え入れての実施は当然できない。ならば、どうするのか。それが今回の、リモート配信の出発点だった。事の経緯を、北村正揮競技ディレクターが解説する。

「3人制のバスケはもとより、エンタテイメント性を強く持っていました。そのことを強調する意味もあって、我々は2014年に3x3.EXE PREMIERを始めたころから体育館のなかではなく、ショッピングセンターや平安神宮のような名所など、普通はそこでバスケをやらないだろうという、非日常の空間で大会を行うことをコンセプトに掲げて開催してきました。
ですが現在の状況で、今までと同じ形式で開催すると、三密になってしまいます。それでも大会をやるとなると、やはり無観客にせざるを得ず、会場も体育館になってしまう。しかし体育館のなかでやっている試合を、ただそのまま配信する。これまでに我々が大事にしてきたコンセプトを考えると、それが果たして3x3.EXE PREMIERなのか、というところに行き着いたんです」

3x3.EXE PREMIERらしさを失うことなく、リモート配信するにはどうすればいいのか。運営チームは全員で、世界ではどのようなリモートマッチが開催されていて、どんな実例があるのかをリサーチし、協議を重ねていった。

話し合いのなかでは、LEDビジョンでコートの周りを囲う案や、360°カメラを導入し好きな角度で見られるようにするといったアイデアが出た。そのなかから実現の可否や、本番でトラブルなく配信できるのか、そして開催までの時間的問題なども勘案。最終的にCG画像と実際のプレー映像を合成する、現在のスタイルを採用することになった。


CGの制作を手掛けたのは、タイ人のポン・テラン。彼はニューヨークでデザインを学び、3x3.EXE PREMIERが2019年にタイに進出した際から、現地の運営責任者を務めている。テランと手を組んだ理由について、北村ディレクターはこう話す。

「テランにお願いした理由はまず、彼が信用に値する人物であるということ。それに日本国内で発注するより、制作費が抑えられるだろうという考えもありました。また彼が世界中に持っているネットワークを活用しながら制作を進めることで、我々にも新しいインプットが得られる。その可能性に期待したのも、彼と組もうと思った理由のひとつです。

テランから世界中のいろんな方々に連絡してもらって情報を集約し、我々も勉強しながら進めてきました。どこかの会社に丸投げすると、自分たちにノウハウが蓄積しません。今回のグラフィックをテランと作っていったことで、僕らはお金には代えられない財産を得ることができました」


■グラフィック制作は世界中の専門家による|グローバルなコラボレーションで取り組んだ

世界的に前例がない依頼が自分の元に届いたテランは、とにかく驚いたのだという。

「CGを使って、3x3の大会を配信する。そのような取り組みは、今までに聞いたことがなかったので、とても驚きました。それと同時に、世界で実証されていないことに、自分が携われる。その点について、エキサイティングだと思いましたね。

今回の取り組みを始めることが決まって、様々な角度からどのようにして3x3の大会を配信すれば良いか。いろんなアイデアを、日本側とキャッチボールしながらディスカッションを始めました。そうしてある程度の方向性が定まった段階で、僕がニューヨークの大学でデザインを学んでいたときの同期で、現在はCG関係の仕事をしている女性もメンバーにも巻き込んだんです。そこから彼女をはじめ、世界中の様々な人からアドバイスをもらいながらグラフィックの実用化を進めました」

3x3.EXE PREMIERは、日本を含むアジアとニュージーランドの5ヶ国1地域で大会が開催されているグローバルリーグである。CG画像とプレー映像を合成して配信する世界初の取り組みにも、それを実現するべく、世界中から専門家が集結した。それでも世界初の試みに、事は容易に進まなかった──。

(Text by カワサキマサシ)

PART2へ続く

RECOMMENDATION

FACEBOOK

INSTAGRAM