Countries
& Region :

今週の見どころ 【3x3.EXE PREMIER 2018 Round.6 女子 Round.2】

2018.08.03
882

Text by Hiroyuki Ohashi

北日本カンファレンス(8/5 11:45-18:00@焼津漁港新港特設会場(焼津漁業協同組合東側))
BREX.EXEは2位に10ポイント差をつけて独走中。PLAYOFFS/FINALS(DAY2)へ地力進出が濃厚なだけに、地区のもう1枠をかけた戦いが熱い。ALBORADA.EXEがそれをリードするが、2ポイント差に4チームが同居しており、予断を許さない。MINAKAMI TOWN.EXEは序盤の勢いに陰りが見えるが、リーグNo.1のリバウンダーであるマーテル・テイラー・バロンを軸に、残り3大会で立て直せるか。チームとして3x3で肝になるフィジカルの強さは、カンファレンス内では十分なものがあり、集中力を切らさず粘り強い攻防から勝機を見出したい。


MINAKAMI TOWN.EXE #11 マーテル・テイラー・バロン

関東北カンファレンス(8/5 14:00-20:00@大森ベルポート(東京都品川区))
首位・TACHIKAWA DICE.EXEのロスターに、渡邊拓馬がついに名を連ねた。6月初旬に秋葉原でJBA(日本バスケットボール協会)が開催したJAPAN TOURでは試運転だっただけに、5人制の日本代表で、トヨタ自動車(現アルバルク東京)などで輝かしいキャリアを作ってきた男が、3x3.EXE PREMIERで見せるパフォーマンスは必見だろう。頼もしい仲間とともに今季4度目のラウンド優勝を目指す。一方で、ここまで地区5位に低迷するKOTO PHOENIX.EXEは、後半戦巻き返しのため、2名の外国籍選手の補強。昨季、ZETHREE.EXEでプレーしたRod Cannonと、彼が5人制クラブチームでタッグを組むOzzie Hendersonを浮上のきっかけとしたい。

TACHIKAWA DICE.EXE #12 渡邉 拓馬

関東南カンファレンス(8/5 14:00-20:00@大森ベルポート(東京都品川区))
TOKYO DIME.EXEは参入以来、初の招致大会を迎える。全国の3x3クラブの中で、残してきた戦績や、培ってきたファンとの結びつきは強いだけに、コートサイドはチームカラーの“DIME GREEN”で埋め尽くされるだろう。Cross Conference Cup(CCC)ではよもやの予選敗退に終わっていたが、ゲームコントロールのできる3x3日本代表の鈴木慶太がロスターに戻り、大声援を追い風に、2年連続の総合優勝に向けて弾みをつけたい。一方、予選で対戦する2位・BEEFMAN.EXEや6位・FITS.EXEは、そんなアウェイな雰囲気の中で、勝ち星をもぎ取れるか。


TOKYO DIME.EXE #7 鈴木慶太

中部カンファレンス(8/5 11:45-18:00@焼津漁港新港特設会場(焼津漁業協同組合東側))
首位・ZETHREE.EXEから最下位・YAIZU GR UNITED.EXEまでポイント差は「5」。PLAYOFFS/FINALS争いが、最も混沌としている。逆転の地区Vを狙うSEKAIE.EXEは、3x3ポーランド代表の199cm・Szymon Rduchがその鍵を握る。2Pシュートを難なく沈め、ドライブやそこからのアシストなど、プレーの選択は非常にスマートだ。日本人選手とケミストリーが進めば、非常に面白い存在となる。一方で、ここまで苦戦が続くYAIZU GR UNITEDだが、初めての招致大会で、地元に錦を飾れるか。5シーズンの歴史の中、過去にない“漁港”というロケーションも、また印象深いものになりそうだ。

西日本カンファレンス(8/5 12:00-18:10@神戸ハーバーランド(兵庫県神戸市))
総合優勝を目指すTRYHOOP OKAYAMA.EXEはBリーガーや外国籍選手ら抜きのロスターで、残り3ラウンドでどれだけポイントの上積みができるか。OSAKA DIME.EXEの藤髙宗一郎(現大阪エヴェッサ)も注目する向井祐介や、ゴール下でのハッスルプレーが光る森川純平といった5人制トライフープで活動する選手たちが、チームに流れをもたらしたい。一方で2位・OSAKA DIME、3位・GERA OSAKA.EXE、4位・ESPIROSSA NINJA AIRS.EXEまでは3ポイント内でひしめきあう。PLAY OFFS/FINALS(DAY2)進出に向けて、予選敗退は避けたいところだ。


TRYHOOP OKAYAMA.EXE #24 長谷川聖

九州・沖縄カンファレンス(8/5 12:00-18:10@神戸ハーバーランド(兵庫県神戸市))
新規参入チームで唯一、地区首位を走るKARATSU LEO BLACKS.EXEは、ラスト3大会を残して、攻守の要だったBikramjit Gillとの契約が終了。新戦力であるBrian Williamsを迎えて、チームは再構築を求められる。予選でマッチアップする3位・EXPORERS KAGOSHIMA.EXEは、今季2度目のラウンド優勝を狙うベストメンバーを組んでおり、特にTRプレイヤーで加わるとは言え中園隆一郎は手ごわい相手となるだろう。後半戦のカンファレンスにおいて、勢力図を塗り替えられるのか、注目だ。

WOMEN’S(8/5 9:30-12:30@大森ベルポート(東京都品川区))
開幕戦でスタートダッシュを切ったSUNS.EXEとSEKAIE.EXE。ともに3x3経験豊富なチームや、タレントレベルの高い難敵を撃破しての結果だけに、勢いに乗る価値ある結果となった。一方、TOKYO DIME.EXEはチームとして歯車がスムーズにかみ合わず準Vに終わった。クラブ初の招致大会では、初優勝とアベックVを狙う。唯一の外国籍選手・Chantel Osahorのプレーも目に焼き付けておきたい。BEEFMAN.EXEは前田有香らの外角で先行して、ゲーム後半で落ちる運動量をカバーできるか。守備に回り、ドライブやポストアタックで削られると、得意の展開で響いてくる。


TOKYO DIME.EXE #0 Chantel Osahor

PLAYOFF/FINAL
DAY1(9/15)は各カンファレンスの3位・4位チームがトーナメント形式にてPLAYOFFを実施。
DAY2(9/16)は各カンファレンスの1位・2位チームに加えて、DAY1の上位4チームを加えた16チームでトーナメントにて総合優勝を争う。

RECOMMENDATION

FACEBOOK

INSTAGRAM