Countries
& Region :

今週の見どころ 【3x3.EXE PREMIER 2018 Round.8 女子 Round.4】

2018.08.24
589

Text by Hiroyuki Ohashi

北日本カンファレンス(8/25 12:00-18:30@習志野駅前)

Round.7をブザービーターで獲ったBREX.EXEは、プレミアポイント「29」でリーグ全体2位をキープ。チームのモチベーションは、PLAYOFF/FINAL(DAY2)に向けてリーグ全体1位を決めることであり、そこで総合Vを飾ること。今季6度目の優勝で、1ポイント差を追うTACHIKAWA DICE.EXE(関東北)超えなるか。一方、地区2位以内へ、ALBORADA.EXEはRound.3を制したロスターで、準決勝を突破できれば、自力進出が決まる。3位・MINAKAMI TOWN.EXEは、現在、リバウンド王のマーテル・テイラーバローンやシューターの山ノ内ジャンを欠きながらも、それに待ったをかけるべく粘りを見せたい。


マーテル・テイラーバローン(MINAKAMITOWN.EXE #11)

関東北カンファレンス(8/25 13:00-17:30@ダイバーシティー東京プラザ)

TACHIKAWA DICE.EXEは今季6度目のラウンド制覇をつかみとり、リーグ全体1位でPLAYOFF/FINAL(DAY2)行きを決めたいところ。後を追ってくるBREX(北日本)には勝利数では1つ負けており、ポイントでは並ばれたくない。さらに、リバウンドランク1位のマーテル(MINAKAMI TOWN.EXE)の欠場により、10本差の同ランク2位の#3 Luke Evansは得点王との2冠も視野に入る。一方、前Roundの準Vにより、PLAYOFF/FINAL(DAY1)に望みをつないだのは、KOTO PHOENIX.EXE。4人がバランスよくスコアに絡み、ゴール下の攻防では、#33 Ozzie Lee Hendersonが存在感を発揮。DIECとTOKYO WINGS.EXEが同居する予選を突破できるか。


Ozzie Lee Henderson(KOTO PHENIX.EXE #33 )

関東南カンファレンス(8/26 13:00-17:30@ダイバーシティー東京プラザ)

TOKYO DIME.EXEがPLAYOFF/FINAL(DAY2)を決めているが、もう1枠が大混戦。地区2位から4位までがポイント「16」で横一線だ。総得点の差でBEEFMAN.EXEが2位をキープするが、予選ではTOKYO DIME、さらにはSOMECITYの 2018-2019 TOKYO 1st PLAYOFFの優勝で勢いに乗る 4位・SIMON.EXEと同組。ここからまずは抜け出したい。一方、3位・YOKOHAMA CITY.EXEは、ここ2ラウンドで優勝、準Vと続いており、チームの状態は上向きつつある。下位チームを相手に取りこぼしのないよう、初戦から集中力を高めて臨めば、順位を押し上げることも十分可能だ。


トロイ・スナイダー(SIMON.EXE #12)

中部カンファレンス(8/25 12:00-18:30@習志野駅前)

3チームに絞られた地区優勝争い。首位に立つSEKAIE.EXEはファイナル進出で、自力1位を決められる。一方、2位・ZETHREE.EXEは逆転Vへ望みをつなぐためには、全勝優勝が必要だ。得点ランク3位・#35菊池亨をはじめとした不動のロスターで、勝負をかける。さらに同じ状況に置かれている3位・NAGOYA DAGAYA.EXEは大事な一戦で、メンバーを2名入れ替え。TRプレイヤーと短期間で息の合ったプレーを生み出せるか。この両チームに加えて、5位・BLUE BEES.EXEも結果次第で、PLAYOFF/FINAL(DAY1)進出がかかっており、三つどもえの戦いは熾烈を極めること間違いなし。


菊地(ZETHREE.EXE #35)

西日本カンファレンス(8/26 12:00-18:10@イオンモール岡山)

地区Vを決めたTRYHOOP OKAYAMA.EXEに続き、GERA OSAKA.EXEは今ラウンドでの準決勝進出で、PLAYOFF/FINAL(DAY2)への切符を勝ち取れる。TRプレイヤーそろいの4位・ESPIROSSA NINJA AIRS.EXEや、5位・TOKUSHIMA INDIGOSOCKS.EXEとの予選を勝ち上がりたい。一方、後半戦に入って大ブレーキの3位・OSAKA DIME.EXEは、ここで踏ん張ることができるか。#2 夏達維は今季、チーム最多の17ゲーム出場で、シーズンを通してDIMEをけん引しており、PLAYOFF/FINAL(DAY2)へ滑りこむためにも、もうひと頑張りが期待される。目の前のGERAとは勝利数では2つ上回っており、ポイントで追いつけばひっくり返せる。


夏(OSAKA DIME.EXE #2)

九州・沖縄カンファレンス(8/26 12:00-18:10@イオンモール岡山)

KARATSU LEO BLACKS.EXEは予選突破で、参入初年度での地区Vが決まる大一番。その行く手には、Roound.6とRound.7の連覇で逆転Vへ俄然勢いに乗る2位・EXPLORERS KAGOSHIMA.EXEが立ちはだかる。Bリーグの開幕も迫る中、#33 館山健太がロスターに復帰。#6 小久保眞と2人で、相手の外国籍選手たちとのマッチアップを制したい。さらに地区最下位だが、TRIPLE THREAT.EXEは、KARATSUからの金星再現を狙う。一方、WILL KOREA.EXEはTRプレイヤーで迎える川上航平の長距離砲をフィットさせれば、他チームの状況次第にはなるが、地区2位以内も射程圏内だ。


館山(EXPLORERS KAGOSHIMA.EXE #33)

WOMEN’S(8/25 ・26 13:00-17:30@ダイバーシティー東京プラザ)

初代女王、さらには3x3.EXE PREMIER World Gamesへの進出の可能性は、1位から5位までに与えられた。A組は、2位・TACHIKAWA DICE.EXEがラウンド連覇で好調をキープ。首位・TOKYO DIME.EXEには勝利数で1つアドバンテージがあり、翌日のライバルたちにプレッシャーをかけるべく、3度目の優勝でポイントの上積みを目指す。対する、4位・SEKAIE.EXEはDICEの心臓である浅羽麻子不在を突いて、ゲームを優位に進められるかが、勝敗のカギを握る。

B組は、首位・TOKYO DIMEにストップをかけられるか。3位・SUNS.EXEは前ラウンドで精細を欠いて、初の予選敗退に追い込まれただけに、カムバックを誓う。ルーマニアの3x3国際大会で経験した“世界”の舞台へ戻るためには、全勝Vが必要だ。5位・BEEFMAN.EXEは、前ラウンドで#12矢野良子が復帰して、初Vまであと一息。全員が3x3日本代表経験者という布陣で、悲願達成に向けてラストチャンスをモノにする。


矢野(BEEFMAN.EXE #12)

RECOMMENDATION

FACEBOOK

INSTAGRAM