Countries
& Region :

試練の先に見つけた、新たな出発点。 祐川良太/HOKKAIDO ASIR DIVERGENT.EXE

2020.09.08
159


2020年、北海道初の3x3プロチームとなった「HOKKAIDO ASIR DIVERGENT.EXE」は、3x3.EXE PREMIER参戦から2シーズン目を迎えた。チームキャプテンの祐川は、万感の思いで来たるシーズン再開の日を待っている。ここまでは、平坦な道のりではなかった。若くして命さえも脅かす「バセドウ病」を患い、復帰後は選手生命に関わる大怪我も経験した。何度もバスケットを諦めかけた彼を支え、奮い立たせてきたものはなにか。地元・北海道で再起を図る男に、その胸の内を訊いた。

―まずは、祐川選手の現在の活動について教えてください。
現在、一般企業で営業職として勤務しながら、「HOKKAIDO ASIR DIVERGENT.EXE」の選手として活動をしています。チーム発足は2017年、今の選手兼代表の石田隼貴と二人で3人制バスケットのアマチュアチームとして立ち上げ、2019年から正式にプロチームとして3x3.EXE PREMIERに参加しました。2020年は新型コロナ感染症の影響で3x3.EXE PREMIERのレギュラーシーズンは全日程中止になりましたが、今はトレーニングを続けながら次の「3x3.EXE PREMIER JAPAN 2020 CUP」に向けて準備をしているところです。

―現在は3x3選手として活動されていますが、最初のバスケットキャリアについて教えてください。
学生時代はずっと部活でバスケを続けてきて、大学ではインカレで準優勝も経験でき、卒業時にはいくつかのチームからオファーをいただきました。その中で、実業団チームを持つ東京の物流企業に、実業団選手として入社しました。しかし、入社して間もなく、甲状腺の病気である「バセドウ病」が発覚し、いきなりバスケができなくなってしまった。その後は病気の治療を受けながら、1年間はチームのサポート役に回らざるを得ませんでした。

―社会人一年目の当時、病気が発覚した経緯は。
バセドウ病は、基本的にすごく気づきにくい病気なんです。症状としては、主に疲労感や不整脈、体重減少が続いていて、最初は「社会人になって単純に体力が落ちたのかな」ぐらいにしか思っていませんでした。でも、いよいよ普通に歩くのも辛くなり、体重は20kgも落ちてしまったため、病院で検査を受けたところ、バセドウ病が発覚しました。自分の場合、受診した時点でかなりギリギリの状態で、医師からも「よくこの状態で生きていられた」と言われるほど酷い状態でした。

続きを読む

祐川 良太(すけがわ りょうた)
1989月9月19日生まれ、北海道出身。東海大付属札幌高校から東海大学に進み、インカレ準優勝を経験。大学卒業後に5人制バスケットの実業団チームに入団も、直後に「バセドウ病」を発症。復帰後の2012年、「平塚Connections」に加入し、3人制バスケットボールのキャリアをスタート。その後、「CHIBA JETS.EXE」、「ZETHREE.EXE」でプレーした後、北海道初の3x3プロチームとなる「HOKKAIDO ASIR DIVERGENT.EXE」を発足。2019年より3x3.EXE PREMIERに正式参戦し、現在チームキャプテンとして活動中。190cm、85kg。

本記事は「We are 3x3」サイトに掲載されております。
https://doda.jp/sportlight/3x3/

“We are 3x3”は、新時代の生き方を体現する3x3プレイヤーを通じ、
“スポーツ”と“はたらく”の可能性を社会に広げていくためのプロジェクトです。

RECOMMENDATION

FACEBOOK

INSTAGRAM