Countries
& Region :

地域と3x3の発展は、変化の先にある。武井 晋平/3x3 Referee

2021.06.29
388


生まれ故郷である栃木県足利市に貢献したい。その思いから、武井は大学卒業後、足利商工会議所の職員になった。商工会議所とは、地域活性化を推進する経済団体のこと。地域の中小企業や市民と日々向き合い、地域を守っていく。バスケットボールの試合では審判員を担当し、「安心感」を与える存在として活躍しているが、武井が大切にしている価値観を聞いたところ、返ってきたのは、意外にも「変化」という言葉だった。

-バスケットボールとの出会いについて教えてください。
スラムダンクのアニメにハマったのをきっかけに、小学校4年生からバスケ部に入り、高校生まで選手としてプレーしていました。もともと球技が苦手だったんですが、バスケだけは唯一夢中になって取り組めましたね(笑)。高校のバスケ部は人数が少なく、強豪校でもありませんでしたが、部長を務め、がむしゃらにプレーしていました。大学からは審判員として一本でやっていこうと決めていたので、集中するために部活には入りませんでした。

-大学から審判員に注力しようと決めた理由は?
審判員が単純に面白かったんです。初めて審判員をしたのは、中学2年生。後輩が1年生大会を控えていて、練習試合をすることになったとき、ちょうど顧問の先生がおらず、私が審判員をすることになりました。なんとなく流れで引き受けましたが、いざやってみると、選手とはまったく異なる客観的な立場から試合に関わり、笛を吹いて進行していくのが、とても新鮮で面白かった。審判員が大切な役割であることも身を持って実感しました。高校でも練習試合などで審判員をしていましたが、いよいよ本格的に審判員の道を歩みたいと思うようになったので、大学1年生でB級審判の資格を取得しました。週末の大会が楽しみで仕方なく、当時はバスケのことばかり考えていましたね。

-3x3で審判員をすることになったきっかけを教えてください。
2016年に宇都宮市で開催された「2016 FIBA 3x3 World Tour Utsunomiya Masters」です。会場は、宇都宮市の中心街にある二荒山神社前のバンバ広場。世界No.1のクラブチームを決めるために、海外から複数のチームが集まりました。私の役目はテーブル・オフィシャルズ。タイマーで競技時間を計ったり、得点やファウルを記録したりしていましたが、世界トップレベルのプレーがすぐ目の前で繰り広げられ、非常に大きな衝撃を受けましたね。自分の地元の、しかもバスケをやるイメージがないような場所で、エキサイティングな試合が開催されたことに感激し、3x3に一気に惹きこまれたことを覚えています。

-3x3の試合を盛り上げるために、審判員としてこだわっていることはありますか?
一つひとつのプレーを自分の目で確かめて、ルールに照らし合わせ、きちんとジャッジしたいというのは前提に、「リスペクト・フォー・ザ・ゲーム」の精神のもと、選手とのコミュニケーションを大切にしています。試合の展開が盛り上がってくると、選手がジャッジに納得できず、取り乱してしまう場面も増えてきますが、それは仕方のないこと。きちんと向き合って説明を行い、落ち着いてプレーに戻ってもらうようにしていますね。試合の合間でルールの確認なども行います。そのほかのスタッフや審判員とも対話しながら、関係者全員が一体となり、より良い試合を作れるよう働きかけています。

続きを読む

武井 晋平(たけい しんぺい)
1985年2月27日生まれ、栃木県出身。JBA公認A級審判のライセンスを保有。3x3や5人制バスケットボールの全国の試合を担当しつつ、栃木県審判委員会では社会人カテゴリーの審判委員長、3x3委員会では委員長を務め、第一線で3x3の普及に貢献している。今後も3x3各種大会へ出場予定。

本記事は「We are 3x3」サイトに掲載されております。
https://doda.jp/sportlight/3x3/

“We are 3x3”は、新時代の生き方を体現する3x3プレイヤーを通じ、
“スポーツ”と“はたらく”の可能性を社会に広げていくためのプロジェクトです。

RECOMMENDATION

FACEBOOK

INSTAGRAM