Countries
& Region :

声の探求者が、つぎに越える境界線。竹本タクシー/3x3.EXE PREMIER MC

2021.02.09
304


「自分が主役になるより、誰かを輝かせることのほうが得意だって気がついたんです」――かつて音楽の世界で成功を夢見た男は、はっきりと通る声でそう振り返った。一度は一般企業に身を置くも、安定を捨てて挑戦の道を選んだ。厳しい競争の世界で自分の強みを育て、たどり着いた一つの答え。音楽、スポーツ、教育、医療。あらゆる境界線を越え、この「声」の力を、誰かの役に立てたい。そこには幾多の困難を努力で乗り越え続けてきたからこそ、見える景色があった。

―現在、MCやボイストレーナーとして活躍されている竹本タクシーさんですが、学生時代から今のようなお仕事に就こうと考えられていたのですか?
いえ、まったく想像していませんでした。学生時代はスポーツ一色で、中学からバレーボールを本格的に始めて、高校で県大会3位になり、地区の選抜選手にも選ばれました。大学からスポーツ推薦で声もかかったんですが、「自分にはプロになれる実力はない」と見切りをつけ、推薦はお断りをしてバレーは高校で引退しました。大学進学後になにか新しいことを始めようと思っていたときに出会ったのが、音楽でした。カラオケがきっかけで歌が好きになり、軽音楽部に入ってバンド活動を始めました。パートはボーカルで、当時好きだったGLAYの曲なんかをよく練習していましたね。

―今の仕事につながる音楽との出会いはこのときですね。大学卒業後はどのような道へ?
卒業後は音楽の道には進まず、一般企業に就職しました。某建材メーカーで住宅や店舗で使われる建材の営業をしていたんですが、仕事は想像以上にハードで、朝から晩まで働き詰めの毎日。そんなクタクタの生活が一年半ほど続き、「自分はなんのために生きているんだろう」と思い悩んでいました。ちょうどその頃、学生時代に音楽をやっていた友人がメジャーデビューして精力的に活動していたこともあって、余計に辛かったですね。悩んだ結果、「自分は挑戦する人生を選ぼう」と音楽の道に進むことを決心し、会社を退職しました。そこから音楽のいろはを学ぶために、ロサンゼルスの音楽学校へ留学することになりました。

―会社を辞めて留学とは思い切った決断ですね。なぜロサンゼルスに行こうと?
東京で音楽学校を探していたときに、知人が「LAにいい学校がある」と教えてくれたんです。サラリーマン時代は仕事漬けでお金を使う暇がなく、蓄えは多少あったので、見学を兼ねてもう直接行っちゃおうと(笑)。現地に飛び、目指していたボーカリストの育成に強い学校に入学し、そこから一年半かけて音楽や発声の基礎を学びました。喉の構造や筋肉・声帯の動かし方など、そこで得た知見は、現在行っているボイストレーニング事業のメソッドにもなっています。その後、卒業を経て帰国し、ボーカリストとして活動していくための仕事探しからスタートしました。

続きを読む

竹本タクシー(たけもとたくしー)
MC、ボイストレーナー、パーソナリティ、ナレーター。広島県出身。大学卒業後に一般企業で勤務した後、一念発起して退職。米ロサンゼルスの音楽学校へ留学し、帰国後は音楽活動を経てスポーツMCとして活躍。B3.LEAGUE「東京エクセレンス」のアリーナMCや、3x3.EXE PREMIERのMCを務める。また、ボイストレーナーとしてアスリートやトレーナー、高齢者、児童のサポートをはじめ、学校、企業、福祉施設などで呼吸や声を鍛える「はっきり通る声」の指導を行っている。

本記事は「We are 3x3」サイトに掲載されております。
https://doda.jp/sportlight/3x3/

“We are 3x3”は、新時代の生き方を体現する3x3プレイヤーを通じ、
“スポーツ”と“はたらく”の可能性を社会に広げていくためのプロジェクトです。

RECOMMENDATION

FACEBOOK

INSTAGRAM