Countries
& Region :

絡み合う仕事と競技。成長は連鎖する。 出羽 崚一/SHINAGAWA CC WILDCATS.EXE

2020.06.09
576


競技と仕事の両立。時間の制約など厳しさがある一方で、両立しているからこそ出会える転機やチャンスもある。3x3プレイヤーのほか、一般企業の営業、実業団選手と3つの顔を持つ出羽崚一はそれを体験した一人。2020年、3x3.EXE PREMIER「SHINAGAWA CC WILDCATS.EXE」と正式契約を結び活躍が期待される彼の、成長の過程を探った。

-さっそくですが、バスケットをはじめたきっかけを教えてください。
小学2年生ではじめたミニバスからです。でもそれ以前からボールには触れていました。両親がバスケ経験者だったこともあり、小さい頃からバスケは身近な存在。父の練習について行って、ボールを触って遊んだりしていたので「バスケやりたいな」と思うようになったのは自然な流れでした。中学校に上がる頃にはバスケ一本になっていましたが、それ以前は水泳や柔道を習っていたことも。柔道で鍛えた体幹は、その後のバスケでも活かせていたと思います。

-学生時代はずっと活躍されていたのでしょうか。
厳しい時期もありましたよ。特に日体大入学直後は、フィジカルもスピードも全然追い付けなくて面食らったのを覚えています。だからまずは体を作るという目標を立て、トレーニングしていましたね。1年かけてやっと周りに追い付けたと思えた頃、今度は怪我をしてしまい、復帰まで半年かかりました。振り返ってみれば、あのときは我慢の時期。ようやく3年目でスタメン出場できるようになり、4年目にはインカレベスト8と結果を残すことができました。

-大学卒業後、会社員・実業団選手の道を選んだ理由を教えてください。
それこそ幼い頃はプロバスケット選手になりたいと思っていたこともありました。その一方で会社員として働く父を尊敬していたので、ビジネスパーソンとして働きたいという想いもあったんです。大学3年のときに実業団の存在を知り、そこからは実業団ありきで進路を考えはじめました。大学時代の成果を見て最初に声をかけてくれたのが今の会社。即決したので、就職活動は1社しかしていません。

-実業団選手として活動してみていかがでしたか?
やはり仕事と競技の両立は難しかったですね。学生時代は毎日できた練習が、社会人になったら多くても週4日。残業があればもちろん練習に参加できませんし、チームメイト全員が集まる日も少ない。1年目は試合に出られないこともあり、時間は自分で作るしかないんだと思い知って。そこから朝のうちに体を動かす生活スタイルに変えていきました。今は朝5時半に家を出てジムでワークアウト。そのまま出勤して、19~21時は会社で練習という毎日。バスケも仕事も専念できるようにと、練習場の近くに家を借りました。まだ独身だからできる技です(笑)

続きを読む

出羽 崚一(でわ りょういち)
1993年1月12日生まれ、千葉県出身。市立船橋高校、日本体育大学卒業後、新生紙パルプ商事株式会社に入社し、実業団でプレー。2017年 第49回全日本実業団バスケットボール選手権大会で優勝し実業団日本一に。 翌年の第50回大会では優秀選手に選出。2018年より3x3.EXE PREMIER「BEEFMAN.EXE」に加入。2020シーズンからは「SHINAGAWA CC WILDCATS.EXE」と正式契約。190cm、78kg。

本記事は「We are 3x3」サイトに掲載されております。
https://doda.jp/sportlight/3x3/

“We are 3x3”は、新時代の生き方を体現する3x3プレイヤーを通じ、
“スポーツ”と“はたらく”の可能性を社会に広げていくためのプロジェクトです。

RECOMMENDATION

FACEBOOK

INSTAGRAM